Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 生活科学部 管理栄養学科

  • 学科TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部サイトへ
  • 学科紹介
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 大学院
  • 入試情報
HOME > カリキュラム > 研究室紹介

研究室紹介

3年次後期には全員が研究室に所属し卒業研究を行います。3年次までに身につけた知識やスキルをもとに研究課題に取り組むことで実践的解決能力が培われるうえ、研究の楽しさを仲間と分かち合い切磋琢磨することが、国家試験合格への糧になると考えるからです。また、研究を通して身につける実行力や発想力は、卒業後の仕事でも発揮できるはずです。

栄養保健学研究室

生活習慣病の予防と健康増進における生活習慣の在り方を研究。

生活習慣病の予防と健康維持・増進を目指して、食生活と身体活動・運動習慣の在り方について研究しています。最近では、「悪玉コレステロール」、「メタボ」などの言葉が良く聞かれるようになりましたが、正しく意味を理解している人は少ないかもしれません。本研究室では、正しい知識と考え方を持ち、将来、管理栄養士として生活習慣病予防のために適切な助言ができるような基礎づくりを目指します。

栄養保健学研究室

 

公衆栄養学研究室

地域社会の人々の健康増進をテーマに研究を実施しています。よく食べ・飲み・学んでいける研究室です。

近年、我が国は、生活習慣病患者の増加や高齢化の急速な進展など深刻な問題に直面しており、取り組むべき研究課題は多く複雑になってきております。更に、生態系の保全、経済のグローバル化が関係する我が国の食料自給率の問題など公衆栄養学の取り組むべき課題も多彩です。最近の研究室テーマは、健康日本21(第2次)政策にも取り上げられているロコモティブシンドローム予防に関する研究を実施しています。

栄養保健学研究室

 

調理学・給食経営管理論研究室

思いを形に変える!研究は学生自身が主体的に能動的態度で取り組み、目標の達成をめざす。

調理学研究室では、ヒトを対象にした試験食の呼気ガス分析による腸内発酵の研究、新規食品素材の調理への応用研究、栄養教諭・家庭科教諭向け食物関連分野の教材開発の研究を行っています。給食経営管理研究室では、高齢者の栄養管理に関する研究、高齢者の生活と健康に与える効果に関する研究などに取り組んでいます。卒業研究を通して、学生自身の主体性、計画力、実行力、チームワーク力などを育てます。

栄養保健学研究室

 

臨床栄養学研究室

臨床現場での人間栄養学の実践

疾患と栄養」「高齢者の栄養管理」をテーマに、エネルギー代謝や筋肉量など、体組成の計測法を習熟します。また、実際に病院や介護施設に出向き、患者さんや高齢者を対象とした研究を通し、将来、臨床現場での即戦力として活躍できる能力を養います。

臨床栄養学研究室

 

食品機能学研究室

健康を維持・増進する機能性食品素材の創製を目指して。

味噌、醤油、納豆、清酒などの伝統的な発酵食品には、先人の合理的な技や工夫が潜んでいます。発酵というプロセスは美味しさのみならず、身体にとっても有益な産物を与えてくれます。本研究室では、さまざまな実験機器や器具、また実験手法を用いて、古い時代から伝承されてきた発酵食品の保健機能性を明らかにするとともに、発酵に関わる微生物を活用した新規機能性食品素材の創製に取り組んでいます。

食品機能学研究室

 

食品衛生学研究室

食品因子の生体への影響を評価し、安全性を検討する。

毎日摂取している食品は、健康の維持増進に役立つ一方、人の健康に悪影響を及ぼすものもあります。本研究室では、食品添加物や健康食品に含まれる化学物質について、生体に及ぼす影響の解明を目的として培養細胞を用い、細胞毒性作用や酸化ストレス作用を解析し、安全性の検討を行っています。食品・食材の安全性を科学的根拠に基づいて正しく理解し「食の専門家」として社会に貢献できる人材を育成します。

食品安全学研究室

 

栄養教育論研究室

生活上の食と栄養の課題発見と解決を考える研究。

栄養教育論は、現代の食生活の的確な把握を通じて、健康や栄養状態、食行動や食環境を分析し、適切な栄養指導・栄養教育を展開する方法論の開発を担う研究分野です。当研究室では、小学生から大学生まで若年者や、勤労者を対象とした食行動、食意識、食環境を経年的に調査して実態把握を進め、これを分析して栄養指導や食行動上の課題を指摘し、その解決・改善のための提案を行ったり、様々な食環境整備活動に参加して、将来管理栄養士として働く力を養う実際的な研究指導をしています。

栄養教育論研究室

 

応用栄養学研究室

ライフステージ・ライフスタイルに応じた栄養素摂取量を科学する。

応用栄養学研究室では、乳児から高齢者まで様々なライフステージを対象として、摂取量の把握が難しい栄養素を中心に科学的な分析手法を用いて解析し、ストレスや運動習慣などのライフスタイルにも合わせた栄養教育へ展開できる研究を行っています。

栄養教育論研究室

 

食品化学研究室

『食』によるストレス応答および疾病の予防を目指す

現代社会において私たちは様々なストレスに曝され、ストレスがときには疾病を引き起こし心身共に蝕みます。これらの症状を『食』により日常的に予防し、緩和することを目指し、研究を行っています。食品成分に関する基礎研究の実施や、食品成分の効果を評価する実験系の確立とその評価により、豊かな発想力、問題点の発見力、解決策の提案と実行力など、社会の様々な場で役立つ能力を養 います。近年、食に関する情報が世の中には溢れ、特に、食品の様々な効能についての報道、商品がよく見られます。これらを多角的に見つめ、科学的・論理的に評価できるような力を、研究を通して身に付けていきましょう。

食品化学研究室

 

基礎栄養学研究室・生化学研究室

実験データに基づいて代謝を調節する術を研究。

現在の栄養管理は、不足のものを補う、あるいは病気になってから治療を考えるという従来の観点から、健康からの逸脱を防ぎ健康保持の基準を示す施策へ変わっています。基礎栄養学・生化学研究室ではこの基準に対応して、客観的な実験データに基づき、栄養素の代謝を調節する術を研究対象としています。研究を通し、管理栄養士として問題解決型の人材育成を進めています。

基礎栄養学研究室

 

卒業研究発表

学びの集大成。研究成果を本格的に発表!

1年間取り組んできた研究成果をポスター形式にまとめ、発表します。各自ポスターの前で研究の目的や方法、結果を来場者に報告。相手にわかりやすく伝えるために重ねた準備は、社会で求められるプレゼンテーション能力の養成にもつながっています。

卒業研究発表

 
ページTOPへ