Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 生活科学部 管理栄養学科

  • 学科TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部サイトへ
  • 学科紹介
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 大学院
  • 入試情報
HOME > 資格・進路 > 卒業生の声

卒業生の声

ポイントを絞った解説が
理解度を高めてくれました。

管理栄養学科の講義は、すべてが国家試験対策につながっています。先生が授業で国家試験の傾向をふまえて、学生の苦手分野を重点的に解説してくれるなど、きめ細かな指導のもと、弱点を克服できます。また、社会連携センターの国家試験対策講座では、分かりやすい資料をもとに毎回ジャンルを絞って授業が展開され、理解も深まりました。そんな手厚い試験対策で得た知識は、病院への就職活動にも役立ったと感じています。

 

栄養や食品に関する専門知識を強みにお客様の目線で商品提案をめざします。

就職試験対策では、エントリーシートの添削から模擬面接まで、キャリア支援課の方々に熱心に指導していただきました。企業研究や自己分析に力を入れたことで、志望する企業で自分が何をしたいか、何ができるかを考えられるようになり、各企業の試験に向けて具体的な対策ができるようになりました。面接の際には、2年次から続けていたスポーツ栄養サポートの活動が大きな強みに。丁寧なリサーチから見えてきたことを栄養指導に生かした経験と、知識だけでなく人との関わりを重視する姿勢が身についたことをアピールしました。就職先の食品メーカーでは営業職として働きます。大学で学んだ栄養や食品、調理に関する知識を商品提案に生かしたいと思います。

 

卒業研究での経験が新商品の開発プロジェクトを成功に導く。

管理栄養士としての知識やスキルを生かせる場として選んだ食品会社は、食を通して広く社会の健康を支えることに貢献する企業です。また、新しい商品を生み出し、多くの人に届けられるところにも魅力を感じました。太田油脂は、ヘルス&ビューティーをキーワードに食用油や関連商品を幅広く展開し、創業115年の老舗でありながら新たな試みにも積極的に取り組む意欲的な会社です。卒業生である先輩社員をはじめ、若手女性社員が活躍している環境も魅力で入社を決めました。現在は商品開発を手掛ける部署で、子どもたちの食育を支えるお菓子の企画開発を担当しています。
昨年、企画からレシピ開発、パッケージデザインまでトータルに携わった初めての商品が発売になりました。鉄分やカルシウムなど、子どもの成長過程で必要な栄養素を摂りやすくしたスナック菓子で、外部の協力工場と連携し、何度も試作を重ねた力作です。栄養と味覚のベスト・バランスを探る作業では、大学で身につけた食と栄養の知識をフル活用。特に、商品開発において栄養価計算は欠かすことができず、小学校の給食をテーマにした卒業研究を通して身につけた栄養価評価のスキルがとても役立ちました。また、研究室でコンビニエンスストアとのコラボレーションによるお弁当開発に携わり、開発の過程でぶつかった壁を乗り越えてきた経験も、初めての商品開発を最後までやり遂げるうえで大きな支えになりました。今後は商品としてのラインナップを増やすとともに対象となる食の分野を拡げ、子どもたちに安心・安全な食事の提供、活用の提案を通して健康的な食生活をサポートしていきたいです。

2014年度卒

 
ページTOPへ